2015年11月1日日曜日

ゲームレビューする第10回 10月やったゲーム 米×米(ライース・ライース)、神も仏もたすけナイト他

昨日で10月は過ぎました。筆者は動画製作と他のことでいつも板ばさみしているんでどうもこうもいかないです。11月分は録画を多めにする予定です。

※米×米はtwitterに投稿したものを一部再構成・加筆修正してあります。

米×米(ライース・ライース)
プラットフォーム:mobage
開発運営:WESEEK
サービス開始終了日:2014年8月-2015年10月30日
ジャンル:キャラ収集+育成+バトル他

本作のタイトル画面。サービス開始から終了までずっとこのまんまでした。
内容は畑を種まいてキャラが生まれたら育てて寿命まで大会参加や愛の巣で種を入手するというゲームだった。
他にも他ユーザーと一緒に花園で花を育成したり、すれ違いで他ユーザーと出会えるという要素もあった。
本作の特徴は、これらを含めて後に出てきたミニゲームがあってそれが出来が良かった。特に「うむうむ」は俗に言うツムツムクローンだが、それをブラウザで落とし込んでリリースした事は大変評価したい。本作はパロディも豊富で修行時の演出がFFの戦闘だったり、大会時の受賞演出が誰がどうみてもどっかで見たようなキャラがあちらこちらに出てきたり、期間限定復活アイテムの名前が「アイルビーバック」だったり、修行時のシナリオに北斗ネタのキャラが出てきたりとスタッフ的にはやりたい放題だった。
同作を開発運営していた株式会社WESEEKという会社はDeNAと関係があり「競馬クロニクル」の演出を担当していた事があるぐらいで他の経歴が不明(発表出来ない受託が多いかもしれないが)。
同社のデビュー作は同作ではなく「クイズふるふるご~すと」というPCブラウザクイズゲームだが、本作は2008年から開始して2011年からずっとサービス終了告知も無く放置されている・・・。WESEEKの「米×米」と「ふるふるご~すと」に合掌。

続いては当blogでは初のR18タイトルの紹介となりますが、それに順ずる画像は載せておりません。

神も仏もたすけナイト
プラットフォーム:DMM.R18
開発運営:ネクスタ
サービス開始終了日:2015年10月中旬
ジャンル:キャラ収集+バトル他
本作がサービス開始当初に上げた画像。コレだけ見ると見栄えは良いように見えるが、
レア度☆1~3までのキャラの出来がダメダメ・・・。
※乳首部分に自主規制を施しました。ご了承下さい。


本作「神も仏もたすけナイト」はサービス開始当初は開始までに絶対ある様なのを未実装のままリリース「出来が悪い」扱いを受けてしまった。この声を受けてから改善するのがソーシャルゲーム開発運営会社の宿命なものでして、この会社はユーザーの声を受けてから僅か数日でアイテムの一括受け取りを実装したり、マイページを丸ごと変えたり、UIの一部、Hシーン開放条件の仕様も数日足らずに変わってしまいわずか数十日の間に有能運営に変わってしまったものだからプレイした筆者とて非常に驚きである。・・・ただHシーンがあんな出来なのはまともなイラストレーターとシナリオライター雇って直してもらいたいんですけどね。
と言うわけでソーシャルゲーム保全委員会はネクスタ様の「神も仏もたすけナイト」の今後の行く先を応援します。

10月は他にこの月に終わった「サモンナイトメモリーズ」なんてのを触りだけやったんですが、予想通りの惨状でした。
本作のガチャ演出、ショボ!wショボ過ぎ!!w
本作を開発したオルトプラスっていう会社の開発力が酷い、思えない一作でした。ってかSLTRPG風ポチポチゲーってあの開発画面で誰が予測してたのだろうか・・・。
数分やってざっと箇条書きにまとめた
始まって一瞬で終わる夜会話(パラメータが上がるだけ)
・メインストーリーの内容が殆ど無い
・SLTRPG風ポチポチなので誰でも強いデッキを組ませて敵をバシバシする、簡単なお仕事です
書き出してみると、正直本作の内容の無さがひしひしと、伝わってきますね・・・。

次回「リベリオンブレイド」の予定です、よろしく願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿