2015年8月25日火曜日

ゲームレビューする第6回8月やったゲーム、Fate/GO、ソウルズアルケミスト他

Fate/GrandOrder
配信:アニプレックス 開発運営:ディライトワークス 共同開発版権:TYPE-MOON(有限会社ノーツ)
ジャンル:カードバトル+RPG
2014年7月の発表と事前登録開始から一年後にリリース。事前登録者数はリリース直前まで70万人を突破。筆者は事前登録せず話題が出ても傍観したが、今年7月下旬からリリースしたAndroid版の惨状を聞いてから「とりあえず一回だけプレイするか」という事でプレイ開始。惨状通りの出来栄えでした。
まず、
・ストーリーを簡略化して紹介
カルデアと呼ばれる組織に入会した主人公(男・女)、そこでフォウと呼ばれる生物と出会いお世話係に勝手に就任と言い渡すマシュ。
ここでDr.ロマンや不審人物であるレフ、カルデア所長オルガマリーとも会い、カルデア内の未来観測機が突然観測できなくなり、カルデア内は犠牲者を大量に出す大惨事に。そこで生き残ったメインキャラで「過去回って歴史正そう!」と旅に出ます。クロノトリガーって感じです。
左レフ、こいつは何故かマンガ「ワンピース」に出てきてもおかしくないキャラデザです。右マシュの研究所服が見れるのは序盤だけ!
戦闘あり、クソ長いシナリオ付きの序章はここから始まります。
たどり着いたのは2004年の冬木(原作「Fate/StayNight」の舞台)。ここでマシュはデミサーヴァントになってしまいますが、そこから戦闘に参加。主人公はサーヴァントを指揮して戦います。
オルガマリーさんもちゃっかり同行してくれます。
筆者は序章の時点でダレたのでそこで止めてしまいました。
ついでにチュートリアル終了後のガチャ結果が
典型的なウザキャラが出てきてウンザリ・・・。

・チュートリアルが死ぬほど長い!
100万字!突破を宣伝文句にしているゲームも早々ないでしょう。本作「Fate/GrandOrder」は違います。チュートリアルのシナリオも含めて死ぬほど長いのですから!これだけでも挫折します!筆者は後述する戦闘が原因により挫折しました。
・戦闘が死ぬほどつまらない!
これは一番酷いと思う!まずAttack!押す→「Quick」「Arts」「Buster」のカード押して攻撃します。これだけでも数タップ要求するのは苦痛としか言いようがない。というかバトルシステムが根本的に終わっているのはマズい。筆者の感覚からするとgloops「大召還!マジゲート」、シルバード「タワーオブドラゴン」のクエスト進行時のバトルで数字カード当てて進行・攻撃するのと同じ感覚を味わいました。これを超絶劣化したのが本作のバトルシステムというのが当方の感想です。
チュートリアル時に味方に対しシュールな攻撃を下す敵。
本作のバトルはランダムで排出されるカードを選び、敵を攻撃するシステムになっている。
一見、見栄えが良いのだがこれが根本的につまらない。
個人的にはブレフロクローン的なバトルにして、攻撃はArtsにし一定確立でQuick、Busterを出し、各ターン終了時にP稼いで消費で必殺技発動の方が一番わかりやすかったのではないのでしょうか。
・バグが死ぬほど多すぎる!
これが一番酷い。筆者の端末は酷い目に合ってないが(バグに会う前にアンインストしたたため)、他者の例を追ってきますと、
・メンテ中でデータが飛んだ
・ガチャしたのに途中でデータが飛ぶ
等、ゲームとしてありえないです。一刻も早くサービスを休止し完全リニューアルした方が早いです。シナリオは流石に本作のゲーム部分、いなはやインペリアルサガよりは出来よかったのは流石に救いですが何せ尻切れですのでシナリオやイベント更新のために数ヶ月待ってても何かしょうがないという感じですバトルパートがつまらなさ過ぎるのと今後筆者は続かないと判断したため切った。

最後のガチャ結果ではないけど、
マタハリちゃんは最初からさっきの悪魔の代わりとして出してくださいよ・・・。

ソウルズアルケミスト
開発運営:スーパーアプリ
ジャンル:レイドバトル+RPG
本作のタイトル画面。
2015年5月に発表、同月に事前登録開始。予約top10の期待値は凄かった、がしかしリリース後は開発運営の説明不足や誘導不足が原因により、瞬く間に過疎化が進行した。筆者はios版リリース時から居るが現在のランキングは2000~1000位以内は確実に入れる過疎っぷりである(2015/08/19現在)。
本作はユニットを~のソウルと位置づけているのは~のスターピースと殆ど同じだし、変身するごとに攻撃スキルなどが変わるのは同社で既にサービス終了した「メテオスクールガール」の精神的続編ではないのか、と見ている。筆者は開発者インタビューが見て見たいところだ。
・ストーリー
本作のチュートリアル部分。戦闘までスキップが可能。
カイド、幼い頃からプレイヤーと一緒に暮らしてたが帝国の襲撃により、お幼馴のセラと逸れてしまう。アルティア王国の襲撃時には自らファントムとなって戦う宿命を背負う事となる。
彼がファントムになった姿は今まで見てきたソーシャルゲームの中で一番カッコいいと見ている。
ソフィア女王、アルティア王国を治めている。時々水晶玉経由でプレイヤーたちの情報を発信する。
何気の体付きがエロくて良い。
ガルド帝国はファントムと呼ばれる技術を用いて世界を支配しようとたくらんでいた。しかし、
アルティアに存在しないファントム「リリィ」、カイドのお幼馴だった「セラ」と酷似した外見。
大半の設定が謎に包まれているというキャラ。
アルティア王国は存在しないファントム「リリィ」が存在し目覚めようとしていた・・・!

・ランクアップ・覚醒
低ランク☆1~3のユニットはLVMAX時、同ランクのユニットを合成材料にしてLV上限を引き上げる。全てのユニットはRank6まで上げる事が出来るため☆1高Rankでも強敵に挑む事が可能であり、更に戦闘勝利事に入手できるマジックストーンと言う着脱可能な強化素材をつける事により更なる強化が期待される。これにより、高レアを殆ど持ってなくてもレイドボスに対峙は可能だ。
覚醒は日替わりクエストやレイドボスのMVPで入手した覚醒素材と言うのを金払って覚醒するもの。覚醒したユニットは☆がピンク色になってます。ついでに各ステータスに+ボーナスが少しつきます。それらの要素を応用して最強の☆1ユニット育成と言う遊びも出来るでしょう。
・レイドバトル
本作のレイドバトル、基本ポチポチだが一応オートも出来る。
本作のレイドバトルは時間制限式で倒せば倒すほど敵のLVが上がっていくので、その都度倒しづらくなるというレイドバトル特有の欠点を持っている上、本作のレイドバトルは現状本体しか窓口がないのでモンストのように最初から「twitter、lineでも入れてコードを入力すれば即時参加できるし、しかも課金石(本作はソウルジェム、某アニメではない)が数十個もらえる!」仕組みにすればすぐさまレイドバトル、ガチャの回転率が上がったことだろう。ついでに、日替わりクエストやレイドバトルの報酬がまずいのもダメ。ブレフロ並に旨くしないとこの先困る。後敵が強いのも困る。
シナリオはおもしろいし、バトルはそれなりにテンポあるので続ける理由にもなるけど今後スーパーアプリがやる気出す次第かなぁ、と思う。

県民あるあるクエスト
開発運営:moregames
ジャンル:放置+収集
本blogとしては初めての放置ゲー紹介。
タイトル画面。
内容としてはドラクエリスペクト+地方あるあるネタ。画面上に県民あるあるネタを適当にタップして図鑑を埋める、近年流行の放置ゲーの典型的なフォーマットを組んでいる。
本作のシステム「壷」は主人公のレベルが一定数に上がると、強化されタップすると他のあるあるネタを巻き込み経験値として加算されていく。加算された経験値はLVUPすると新しいあるあるネタが出てきて図鑑コンプまでそれらを繰り返すフローチャートとなっている。稀に出るフィーバーは稀に出る宝箱で発生か、道具屋で自ら発生させる事が可能だ。
壷の絵柄は一定LVで違うのになってます。
図鑑にある県民あるあるネタはタップすると経験値が加算される事があるし、レアの紹介を開けると、効果音付きなのが嬉しい演出だ。

ところで、本家ドラゴンクエストでも城の門番が「なんだこの田舎者は!帰れ帰れ!」というのがあったが、書き起こした時点でうろ覚えなのは別にいいし筆者はドラクエをロクにプレイしていない人生を歩んだのでどうでもいいか。

2015年8月3日月曜日

ゲームレビューする番外編3回目ブレフェス'2015レビュー

2015年8月2日に開催されたブレフェス'2015に行った目的が本レポート記事作成公開なので概ね公式から情報がブレ生で開示された祭は「これは行くしかない!」と決めてた。筆者は去年(2014年)のブレフェスに行き損ねているのでリベンジも兼ねています。
ブレフェスの同日開催で幕張メッセで説明不要のモンストファン感謝祭「モンストフェス」が開催されており、そちらはどうも熱中症で意識不明の軽症者が何人か出た様で、大体の理由が「イベント運営側による飲料水没収(実際は手荷物検査)」や「11時以降の入場停止」ということで、運営側の駄目な対応でわずかな間に阿鼻叫喚の図になってしまうのは、どのソシャゲの運営の対応も下手したらこれと殆ど変わらないんだなぁと感じてしまいました。さて、ブレフェス'2015の紹介へ行きます。

午後12時に現場到着。オープニングイベントは着いた時点で終了済なのは別にいいとして、アプリ起動してスタッフに見せるだけで待たされないで入場できる事にチケット買うよりも凄い楽さを感じる。
会場着いた時点でアプリ画面見せるだけでスイスイ入れる・・・。
出入り口にイベント恒例の花輪が。
左から、ファミ通、セガ、ドワンゴ、KADOKAWAの雑誌編集部、リアラ
途中から出入り口から左の壁に場所が移動されたがこっちは写真撮ってなかった。
ブレフロクイズ王決定の時点でブレ生が15:00まで放送休止。
筆者が着いた時点でブレフロクイズ王は決まってしまいました。その間にグッズを数個購入と色あわせで絆Pシリアルコード入手。

フォトエリアではブレフロ登場人物と写真が取れるのと自分からレアユニットなりきりセットがありました。今回はブレフロ登場人物のほうを上げます。
左からパリス、カル、女神ティリス、セリア、ルジーナ。
キラとフィーヴァの新規イラストが。
gumi新作「クリスタルクラウン」、他社制作gumiパブリッシング「ブレイジングオデッセイ」の試遊へ。
ここは時が経つに連れて遊ぶ人が減ってた。
「ブレイジングオデッセイ」はブレフェス時に☆7ヴァルガスが右下に表示される体験版verに。
感想は
・クリスタルクラウン
皮がセガ製のRPG感強いけど後は普通。戦闘はタップ式だが行動Pで決める仕組みになってて割とP消費過ぎると積むシステムと見た。会話はコロプラ「白猫プロジェクト」のクローン。
・ブレイジングオデッセイ
フィールドはタップで移動する戦闘はまさかのポケラボ「クロスサマナー」に非常に近いが若干違う。行動ゲージ云々はクリスタルクラウンと一緒だった。
この辺だけ見てるとブレフェスじゃなくてgumiフェスだなぁ、という感じです。

15:00までニコ生「ブレ生」放送休止。
両端のポールはギリシャ神殿調です。
なのでブラブラとコスプレエリアへ。大勢の人たちが、ティリスに扮したよきゅーん、セレナに扮したみそしる、ゴー☆ジャスの三名のコスプレ写真撮影会。人が多かったのでまともに撮れたのがこのぐらい(photo内にまだ数枚あるぐらいだがこれは見せない)。
筆者が撮った中では一番決まっている。
コスプレイヤーみそしるはセリアコスプレ。左の腕は筆者じゃないです。
CMに出たヴァルガスさんはメタルゴッドと来客と一緒に記念撮影でした。
ブラブラのついでにポスター撮影。☆7ミセル(ユニットではなく別verイラストのみ)はブレフェス会場限定です。


                                    
ブレフロの宣伝ポスターも一新してました。
ブレフェス放送開始前にファミ通appの生放送。
ゴー☆ジャス、エイリム取締役高橋氏が出演。エイリム広報かおりんごはブレフェスオープニングからコスプレして登場していた。

15:00にブレ生の放送再開。写真は撮ってないが高橋氏はミフネのコスプレをして登場。
放送の序盤でファミ通app編集者ジャスト野島氏の「体重を減らすとダイヤあげるよ!」キャンペーン実施で会場の来客者皆が笑っていた。
ブレ生内容に関してはモンストのように「アニメ化!」「フェス会場内にカフェ!」というのはなかったが、「好きなユニット一体プレゼントキャンペーン」復活、「他作品の復刻コラボ」「大量のダイヤ、他Pばら撒き」「☆7進化ユニット発表」等が発表、随時実行予定され会場は盛り上って良かった。ただ一つ不満があるとすれば「☆7進化ユニット」に筆者愛用のリリスがいないという事です。これだけはガッカリしてしまいました。初登場時はレーゼと一緒に出たんだぞ!
16:00にブレ生一旦休止。ホワイトボードに落書きしているついでにCMに出たヴァルガスが隣に何か書いていてその後撮影していた。筆者は撮影に加わる事は無かったです・・・。
場所はかおりんごさんの絵馬の隣で他ゲー宣伝だ!
筆者帰宅準備のついでにトイレ。16:30の放送再開まで待ってるのがしんどいため。
トイレの間に楽屋があった事が判明。メタルゴッドのぬいぐるみや未開封弁当類を発見する。
このメタルゴッドのぬいぐるみは去年ローソンコラボでP貯めると抽選で当たったものです。
この通路でティリスコスプレ脱ぎ掛けのまま向かうよきゅーんの姿が!
これ撮ったのがちょっとラッキーだった。マネージャらしき人物に付いて談笑してました。
この分でこのblogで出すブレフェスの写真はこれで終わり!とっても良かった!開発陣やゴー☆ジャス等生放送で登場する人たちがが生で見れるチャンスだったから。限定グッズは殆ど買えなかったけど、筆者はブレフェスに対するリベンジはこれにて完全成功した!!

2015年8月1日土曜日

ゲームレビューする第5回 先月やったゲームの紹介、ずんば、トラウマスター

先月(7月)、このblog何も更新なかったじゃん!よって先月にします。
ずんば
開発運営:アエリア
ジャンル:放置+ニュース+SNS
ジャスダック上場企業であるアエリアが7月上旬にプレスリリース付きで突然出したゲーム。このゲームは特殊で放置でもぐらを増やし、マシュマロと呼ばれるニュースを集めるゲームだ。ニュースは友人経由で更に伝達する事が出来、課金アイテムでももぐらが増やせる事が出来るしたくさん取れることもできる・・・と概要を書いておいたがいかんせん筆者は最初の時点で止めてしまいましたのでこのぐらいの紹介にとどめました。

トラウマスター
開発運営:ディレクションズ他
ジャンル:オートバトル+RPG
とりあえず評判を聞いてやってみたゲーム。ずんばよりは概要兼紹介は長いです。
まずチュートリアルがもう尋常じゃないくらい長い!この時点でダレます。
チュートリアルの流れがバトル説明→各キャラ一名の紹介→何かあったから退治しよう!と各種機能紹介(タップ精度が相当悪い)→バトル→マイページで終わるようになっている。特に各種機能紹介部分はタップ精度が悪かったためか押すのに結構な秒数かけた事は記憶している。
最初は謎の人物が現れ「町が魔物に襲われている!何とかしよう!」と教諭されるが、突然現れた少女により魔物を撃退する。
少女は「ココロミ」と呼ばれる鎧により武装状態となり、これにより魔物(ウツロミ)を撃退する事が出来るようです。

後で撮ったカットイン演出。光の向きが良かった。
この後、さっきの謎の人物がロンマイというネズミ型のナビゲータだと判明し主人公のスマホをハッキングして説明をし続ける始末。話を要約すると「魔物(ウツロミ)がさっきの少女(巫女と呼ばれており全部で8人居る。現在3人のみ実装)の体や心、町全体にも巣くっているので世界全体が大変な事になる前に退治するように」とのこと。典型的だけど良いよね!

人のスマホをハックしてまでも説明し続けるなよ(本作の説明だから仕方ないけど)
次に、さっきの少女の紹介や機能紹介、バトルの機能紹介に移りますが、最初の町・建物部分のCGが往年のドリームキャストっぽかったのは仕方あるまい。吹出しアイコンをタップするとイベントが発生し少女の体や心に潜む「トラウマ、ウツロミ」があるという事を提示した上でのシナリオが展開されます。
吹出しアイコンをタップすると会話イベント発生。
なんでルー語なんですかね、バイリンガル設定強調のため?
・・・とその前に機能紹介に入ります。
チュートリアルの機能紹介の時点で欠点はタップ精度が悪い!という事。押すのに数秒掛かるのは筆者としてこれはおかしいと思いました。
本作の話の中心が展開されるline式SNSでアイテム受け取りや機能紹介が全て済ます仕組みになってるので、一括受取がないのは結構苦痛だ。
このSNSでメインストーリー展開、アイテム受け取りが可能になる。最大の欠点は一括受取がない。
バトル紹介。
町に居る敵(ウツロミ)アイコンをタップすると、戦闘が発生し、戦闘システムは八卦の向きにあわせた装備をさせ、陣形を編成しいざオートバトル!というのになってます。
左が味方、右が敵という配置構成になってる本作の戦闘画面。
本作の属性はゲームスタート時に発生する易占いの属性に習っており、これで結果が決まったとしか思えないです。
少女の心や体に巣くうトラウマ(ウツロミ)を退治する際は目の部分をタップし、方向の向きを決め進行します。最深部に潜むのがボスなのでやっつけたらクリアでマイページからガチャが引けます(場所が判り辛い)。

最後に本作の太っ腹運営からもらった10連ガチャ用の石でガチャを引いた結果!
                         
終了!解散!
総評。
・本作のチュートリアル相当部分がプレイ時間30分と長いのでダレる。
・オートバトル、一昔前のカードバトルのようにデッキで結果が決まるゲームになってるのでポチポチがウンザリした人にとっては向いていない。筆者もその一人。
使用容量が2GBでキツい。
・雰囲気、世界観が完成されているため、本作のキャラが好きな人、主演声優が好きな人向けのゲームになってる。
次は多分「ユニゾンクエスト」の回顧記事を予定しております。