2015年6月27日土曜日

ゲームレビューする番外編第2回インペリアル・サガ

楽しみにして事前登録したのに中身は・・・そういった体験をしてらっしゃる方は私含めて多いと思います。さて、本作はPCブラゲということで番外編をつけました。

今回取り上げるタイトルは今月18日にリリースしたばかりの「インペリアル・サガ」です。


本作はリリースしてからまもなくUI、バランスそして課金の致命的欠陥を抱えてからのスタートを切ったので、多くのサガファンやゲーマーにそっぽ向かれてはいるがごく一部のサガファンやゲーマーが情勢で解析プレイしているという状況に至っております。

本作の欠陥を上げるときりがないので代表的なのを箇条書きで上げます。
戦闘中、対象のキャラがLPが0になると消滅する
は本家サガでも導入されており非常に有名ですが、それ以前にLP回復アイテムを配らないし回避するアイテムしか課金導線として結ばれています。この情報が出回った時点で多くのユーザが大量に去ったと見られます。次に
敵の戦闘に味方が割って攻撃してくる
本家サガでは味方ターンの攻撃が終わってから攻撃する事が多いです(カウンター攻撃を除く)。「インペリアルサガ」はコレを導入したせいか敵の毎ターンの攻撃にイライラしてしまいます。
何も継承しない
これには本当に驚きました。まず皇帝が死んだら技、術、装備品何一つ継承されません。LPが無限という事しかとりえありません。
・技・術選択が3つしかない
本家サガは術・技が分けられておりそれぞれ10つぐらい選択が可能です。だがこの「インペリアルサガ」は術・技が分けられておらず、3つまでしか技を選べません。技増加ストックは今後、課金で来ると思われます。
成長パラメータは戦闘回数に合わせて限界が来る
このせいで特定のキャラクタを育てようにも殆どが課金必須なのもユーザ離れを引き起こしている起因の一つとしか言いようが無い。
この辺を逆手に取れば特定キャラを戦闘でパラメータを何処まで上げる遊びだけのあるゲームでしかない。
本作「インペリアルサガ」では、戦闘回数に合わせてキャラクタの成長限界が存在するので、一つの戦闘に成長促進用課金アイテムを付けて戦闘すれば、真っ直ぐに伸びますが、無課金は線がブルブルしています。酷い格差としか言いようがないです。
ぶっちゃけ限界突破すらないのも更に人が離れている要因としか思えないです。
本作は5段階のレアリティが存在し、特に「王」、最上位レアの「帝」は攻略にほぼ必須と言って過言ではなく、いつもの低レアをぞんざいに扱うゲームなのも本作の酷い要因としか言いようが無い。
・エリア難易度制
本家サガは味方が強くなれば敵が強くなるのを採用してますが、本作インペリアルサガではエリア難易度制を採用しており、特定の条件下や選択肢を選べば特定のクエストが出るのがありますが出現する敵等が固定されており、本家サガの良さをなくしています。インペリアルサガをやっている人には良いんじゃないかと思うのですが、私は正直気に入ってないです。
敵・味方の動きが気持ち悪い
これ何でlive2Dの劣化コピーみたいな動きを採用してしまったんでしょうね。見ていて気持ち悪いです。
ストーリーがしょうもないと言えるくらいに酷い
これは本当に酷いです。本作のメインシナリオライティング担当がスクウェアエニックス所属の劇作家「とちぼり木」氏はオルトプラス開発運営「エンペラーズ・サガ」のメインシナリオを担当しているため、正直言って(エンサガをリアルタイム体験した著者にとって)エンペラーズサガを担当している時期より酷いんじゃないかと思うぐらいです。
例えば、各エリアのラスボスにデス、7英雄、サルーインが配置されておりそれが、
 ・原作との性格が剥離されている
これが一番違和感を持った人たちが多いと思います。
 ・ナビゲータキャラであるアセルスの性格が完全に変わってる
アセルスは「サガフロンティア」に登場したキャラクターです、幼いころオルロワージュの馬車に轢かれ瀕死の状態でオルロワージュの血を半分与えられた末救われ、目覚めた結果リージョン世界唯一の半妖として生まれ変わり、その血で自ら悩むキャラクタです。
このキャラがナビゲータとして選ばれるフラグの経緯がちょっと特殊で「エンペラーズサガ」に人気投票が存在し、結果その一位がアセルスでした。これらが起因し本作のナビゲータとして選ばれたと見られます。
ただアセルスは原作ではあまり内気でないし結構喋るキャラですらないのにどうして、こういうキャラ付けをするのはどうかという声も上がってますし前例では「エンペラーズサガ」ではロックブーケ、キャット(シティシーフ女)、エメラルド(宮廷魔術師女)でした。「エンペラーズサガ」のナビゲータキャラは人気があり、新作カードが出ると課金ガチャが売れるほどでその中でもロックブーケは特に人気があり、前記の人気投票でtop3を獲得するほどの人気振りでしたし、特定のストーリーに深く絡むくらい人気がありました。
この酷さに殆どのクエストが進む気起きないし、サービス開始時に標準実装されているはずシナリオスキップすら実装されてないこの体たらくぶり。あ、そうそう。「インペリアルサガ」は「エンペラーズサガ」の絵の殆どを流用してますから見かけたら「エンサガDB」で見よう!

総評
オルトプラス開発運営「エンペラーズサガ」も配信開始当時、「ポチポチゲー」「イベントはマラソンしかない」に合わせてか酷い言われ様でした。私もその流れを受けてエンサガを去りました。私はこの出来に懲りて今はログインボーナスだけやってますが正直この「ブラウザゲームの悪い部分を取って付けたゲーム」であるというのには拭えないですし、今後のアップデートでどう振り払われるのでしょうか。
仮にサービス終了する際に全てのデータがサーバから消えてしまいますが、このキャラクター消滅導入も必然だったでしょうし、プレイ時に課金を大幅に必要とするシステムに耐えられなくなり自分はこのインペリアルサガをわずか数日で見切ってしまいました。
本作「インペリアルサガ」はまだ始まったばかりですから、ユーザさん達の声をそれなりに拾ってから大規模アップデートしてユーザを取り戻してもらいたいものです。
そんな事よりも運営は・・・こんな出来なら半年サービス休止して新生インサガ(笑う)来いや!

最後にとちぼり木氏へ捧ぐ言葉を送り、本文を閉めたいと思います。
「逃がさん・・・お前だけは・・・」